竹酢液

鹿児島県の放置竹林問題のひとつの答え。

TAKETO

鹿児島県には全国の10%の竹林があると言われています。管理されなくなった竹林は、竹の持っている特性から、どんどん森林を侵食し、生態系や土砂崩れなどの問題を引き起こす原因となると危惧されています。そうした竹を別の用途で活用することは出来ないか、という試みは様々な分野で実践されています。

メックでは、この竹を炭化装置で炭化させる過程で出来る竹酢液を製造・販売することで、この問題と向き合っています。竹酢液には様々な効果があり、これら活用法を広めていくのも、今後のメックの使命であると考えています。

TAKETO リーフレット

TAKETO リーフレット

 

◎竹酢液の主な事業内容
・竹酢液TAKETOの製造、販売